園名の由来origin

学校法人「星美学園」の由来

「星美学園」の名は、創立者聖ドン・ボスコが常に「母・教師」と仰いでいたキリストの母聖マリアに由来します。

聖母は行く手を示す「海の星(STELLAMARIS)」や「明けの星(STELLAMATUTINA)」とも呼ばれ、聖母マリアを聖母マリアを保護者と仰ぐ本学園は聖母を「美しい星」にたとえ、「星美」と名付けました。
聖母の清らかな心(誠実)とたゆまぬ努力(勤勉)を模範として、私たちの人生の道しるべとしたいとの願いを表しています。

園名「サレジオ」の由来

本学園設立母体であるカトリック女子修道会サレジアン・シスターズ及び兄弟修道会サレジオ会(正式名称は聖フランシスコ・サレジオの会)の名称に由来します。創立者聖ドン・ボスコは修道会の創設にあたり聖フランシスコ・サレジオを保護者として仰ぎ、会の活動と目的、方法とを忍耐と愛と柔和の精神で導こうと考えました。

この聖ドン・ボスコの精神を教育理念とする本学園にとって、カトリック・ミッションスクールの立場を明確にしていくためにも、各校種が「サレジオ」の名を校名に冠することが最善であると考え、2003年に「星美」から「サレジオ」へ校名を改称しました。

校章・ロゴについて

校章

幼稚園・小学校・中学校・高等学校ともに青少年の保護を表す「盾」、学問を象徴する「羽根ペン」、カトリック精神を示す十字架及び「世の光」になることを追求する「灯火」を意味しています。また全体のイメージとして帆をかかげながら 波を蹴立て、大海原に漕ぎ出していく若者の力強さ、未来へ向けて羽ばたこうとする勇気を表しています。