学園の歴史history

昭和20年6月

静岡市内にあった静岡城内高等女学校(本学園の前身)は、戦災により一切を焼失し、復興が困難におち入った。このため、 東京星美学園のレチチア・ベリアッチ院長が経営を引き受ける。

昭和22年3月

財団法人扶助者聖母会に経営移管、学制改革のもと星美学園発足。

昭和22年6月

静岡星美中学校設置認可。

昭和23年9月

静岡星美高等学校設置認可。

昭和24年4月

星美保育園設置認可。

昭和25年12月

学校法人星美学園設立。(私立学校法公布)

昭和26年3月

静岡星美小学校設置認可。

昭和29年3月

星美保育園を廃止し、星美幼稚園設置認可。幼稚園、小学校、中学校、高等学校の4校種からなる一貫教育をめざす総合学園となる。

昭和31年9月

講堂新築。

昭和34年12月

創立10周年を期し、本校舎(1号館)を新築。

昭和36年11月

体育館新築。

昭和40年3月

幼稚園舎、聖堂新築。

昭和42年3月

幼稚園遊戯室新築。

昭和48年5月

創立25周年を期し、小学校校舎・特別教室棟(4・5号館)を新築。

昭和54年12月

創立30周年を期し、特別教室棟(2号館)を新築。

昭和58年1月

幼稚園管理棟新築。

昭和59年12月

創立35周年を期し、特別教室棟(6号館)を新築。屋上にブロンズ・マリア像が安置された。

昭和63年9月

創立40周年を期し、第2体育館を新築。

平成3年4月

テニスコート(オムニコート)2面完成。

平成3年8月

高等学校英数科設置認可。

平成5年10月

柴山節子理事長帰天

平成11年11月

創立50周年を期し、学園総合整備計画の一環として中高校舎・講堂・体育館・卓球場・弓道場を新築。

平成12年4月

高等学校英数科・中学校男女共学化。

平成15年4月

新しい時代に向け校名を「静岡サレジオ高等学校・中学校・小学校・幼稚園」に改称。
高校普通科・進学コース男女共学化。

平成16年8月

4、5号館耐震補強工事完了

平成17年5月

幼・小・中・高の全教室に空調設備完備。

平成18年12月

2号館耐震補強・改修工事完了

平成19年4月

福塚敏彦理事長に就任。

平成19年6月

幼稚園舎新築。

平成21年1月

創立60周年記念式典挙行

平成23年5月

上智大学と教育提携締結

平成24年4月

サレジオステージ「4-4-4制」導入

平成24年8月

2号館3F改修工事完了

6号館3F科学室・1F家庭科室改修工事完了

平成25年2月

本学小・中・高等学校がNZミドルトン・グランヅ・スクールとフレンドシップ校提携を締結

平成28年12月

東京都市大学との高大連携協定締結

平成29年8月

高等学校英数科廃止認可

平成30年3月

国際バカロレア(PYP)候補校

平成30年9月

国際バカロレア(MYP)候補校

平成31年4月

末吉弘治理事長に就任

令和2年2月

国際バカロレア(PYP)認定校

令和3年1月

国際バカロレア(DP)候補校