カリキュラムcurriculum

全員がそれぞれのペースで高いレベルを目指す

6ヵ年教育の入り口である中学1・2年は、学習面でも人間形成の上でも最も大切な時期。この2年間と残りの4年間を明確に分け、初めの2年間にあたるミドルステージでは人間総合教育的要素をたくさん取り入れ、さまざまな価値観に触れ、考える期間とします。学習面においても小学校と中高の内容は大きく異なり、いかに中学からの内容を深く理解し応用できるかが今後の学習に大きく左右します。教員と生徒がいつも一緒にいて、共に高いレベルを目指す雰囲気がミドルステージの最大の特徴です。

少人数教育

「中1ギャップ」の解消法の一つとして静岡サレジオが実践しているのが「少人数教育」。1学級30名以下で編成し、教師と生徒の距離を常に近くし、すぐに手の届く温かな教育活動を行います。

静岡サレジオ中学校と公立中学校の主要3教科の授業時数の比較【参考】
中学1年生の時間割例【参考】

*火曜~金曜日の7,8限はサレジオメソッドとし、自分で必要な講座を選択します。終礼後、帰宅することも可能で、各々に自由に時間を使うことも可能です。

人間教育

この時期は自分の興味関心の幅を広げる大切な期間。学習だけでなく様々な体験を通して成長していきます。

例えば部活動は大切な教育の場。サレジオではミドルステージの期間は希望者が部活動に参加し、若い情熱を思いきり注ぐことのできる環境が用意されています。

また、ボランティア活動や合唱祭、宿泊研修など全員で活動する場を数多く提供し、協調性を養うとともに人のために自らが動くことのできる心を養い育てます。